子宮筋腫

2014年6月16日 (月)

病気のデパートになるには・・・

まだちょっと早くないかい?( ̄~ ̄;)

経過観察中の病気3つ。
乳腺腫瘍⇒年に一度の要精密検査、7ヶ月も過ぎてる・・・行かねば。
子宮筋腫・卵巣のう胞(MRIで見つかる)⇒10月検査予定

に加え、様子見だった症状が進行してきて不安・・・
手の平のシミ⇒ボーダーラインと言われる7mmを超えてきた・・・色も濃くなってきた・・・これ冗談抜きで怖い・・・足の裏にもある・・・
下血⇒怖い色のが出た・・・
目⇒飛蚊症が悪化
虫歯⇒アゴまで痛くなってきた
最後のは蛇足?(^-^;

しばらく病院ばかりになりそう・・・
っていうか、その前の病院探しが一番大変でストレスだったりする(-"-;)

2014年5月27日 (火)

MRI

人生三回目のMRI受けてきました。
10時から17時まで病院、往復三時間も合わせてもうクタクタです・・・
田舎の古い病院のくせに時間かかりすぎだよー(≧◇≦)
左腕から採血4本、右腕に造影剤、どっちも青痣みたいになってるし・・・
MRIの結果は来週です。
前2回は乳腺でしたが、今回は子宮・卵巣。
まったくの別物でした。
乳腺の方が楽。
恥ずかしさは乳腺のが断然上ですが(^-^;
っていうか、お腹は恥ずかしさゼロ。
金具がついていなければ私服のままでいいし。
ただ、天井が目の前にあるのでパニックになりそうなことと、上を向きっぱなしなのとお腹を強く固定されているので苦しくなるのがね・・・
乳腺は自分の体重で胃が圧迫されて、腕が痺れるけど、そっちの方が楽でした。
時間はどちらも50分くらい。
うつ伏せ(乳腺)の時は寝ちゃったけど、今回は寝られなかったのもキツかったな・・・普段から仰向けだと寝られないので。

さて、一年がかりで腹をくくり、婦人科へと赴いた私ですが、内診はなくて拍子抜けしてしまいました。
新しい下着で行ったのに(笑)
今は筋腫はMRIの時代なんですかね・・・
先生はハズレでした。
お目当ての先生(T女医)は希望者が多いようで、暇そうなM女医に呼ばれてしまった・・・
私の前に呼ばれたア●竹城似の女性、入って間もなくプンプンしながらM女医の診察室から出てきました。
事務の人に「私、T先生に呼ばれると思ったんですけど!?」と・・・M女医に面と向かって断ったんだ・・・いいなその勇気・・・
私もM女医の診察室に入った瞬間「やだな」と思ったのですが、もちろん何も言えませんでしたよ。
声がバカでかくて、外に丸聞こえ・・・私の秘密もきっとダダ漏れ・・・(T.T)
しかも「ぶっちゃけ」とか「この人」(私のこと)とか言葉遣い(基本タメグチ。多分向こうが年下)というか気遣いがダメすぎて・・・(T.T)
患者の前で看護師さん叱るし。
T先生は呼び出しの声からして穏やかで優しそうだったなぁ・・・(T.T)
検査結果の時にT先生に乗り換えちゃおう作戦も失敗・・・
「別の先生の日でもいいですか?」と聞いたら、「私外来は結構いるから大丈夫ですよ」って・・・違ーう(笑)
結果が良性ならきっと年に一度の経過観察あたりになるので、その時はしれっとT先生を指名しよっと(もちろんM女医のいない日ね)

貧血はかなり改善。
結局フェロミア飲んでます。
今のクリニックの先生が超素敵で・・・(。-_-。)ポッ
薬の副作用も先生のために我慢しちゃう(笑)

2013年11月11日 (月)

モヤモヤすること@クリニック

その一。
診療明細書を出してくれない。(ことに三回通って気づいた(; ̄ー ̄A)
今は原則義務化して、「要らない」という人には出さない、というスタンスになっているはず。
訊かれることもなく、一度も出してもらってない。
よって、実は点滴の内容も知らない・・・(チラ見でわかったことが↓に続く)
もらいたいから受付で言ってみようと思う。
くれないようなら大問題では!?

そのニ。
フェジン(だと思うけど・・・)を生食で希釈。
メーカーHPには、
『Q1ブドウ糖以外の他剤との配合は可能ですか?
A1フェジン®はコロイド化製剤であり、コロイドを不安定にするような製剤との配合はできません。それらと配合した場合、たとえ色調・沈殿などの外観変化が認められなくても、コロイドが不安定になり、鉄イオンが遊離する可能性があります。遊離した鉄イオンは、生体に直接作用して発熱、悪心、嘔吐などの原因となる可能性があります。現在、コロイドの状態や遊離鉄イオン量を測定する実用的な技術が開発されていないことから、配合の可否を調べるには臨床試験で安全性を確かめる必要があります。弊社では、臨床試験データを含む配合変化資料がないため、他剤との配合は避けるようにお願いしております。』
とあるのですが・・・
気分が悪くなるのは鉄のせいだと思っていたけど、生食のせい・・・?
とか不安になるんですけど。
病院によっては「生食禁」のラベルが貼られてるっていうし・・・。
でも言えないよねぇ・・・言いたいけど・・・一度ブドウ糖でやってみていただけないかと・・・言えないよなぁ・・・でも自分の体のことだし、不安に思うことは言った方がいいのかなぁ・・・(´ヘ`;) う~ん・・・
ちなみに、最初の病院はもっと酷かったです。
こちらは明細書をくれたのでハッキリわかったのですが、ソルデム3Aで薄めてありました( ̄□ ̄;)
ソルデム+フェジンなんて検索しても出てこないよ・・・(-"-;)
それ考えると生食は我慢の範囲なのか・・・?
なんでブドウ糖で薄めてくれないんだろ・・・何か理由でも?

2013年11月 8日 (金)

三回目の点滴終了

今日は何だか点滴中の動悸が激しく、気分悪かったけど、元々体調不良だったせいかなぁ・・・
頭痛はいつも起きるのだけど。
あと、何故かアルコール消毒大丈夫と言ってしまい(いつもは違うのにしてもらう)、真っ赤になってビックリ(^-^;
それにしても、針にはなかなか慣れないなぁ・・・いつまでも痛いよ・・・

火曜の夜中から水曜に度々胃の激痛があり(前からナイフで刺され背中に突き抜けるような感じ)、ガスターも効かなかったので、胃の痛みと吐き気に効くお薬ちょーだい(なんて言い方はしないけど、もちろん)と言ったら、パリエットとナウゼリンが出ました。
私としては、過去に別病院でもらって効いたストロカインとプリンペランが欲しかったのですが・・・。
調べてみたら、パリエットって副作用怖いことばっかり書かれてたんですけど・・・(-"-;)
ちなみに、前回はお腹のお薬ちょーだいと言ったら、ロペミン出されましたが、怖いので一度も飲んでいません(^-^;
同時に出されたフェロベリン飲んでます。

三回の点滴で、あんなにバリボリ食べていた氷をまったく食べたくなくなりました。
真冬でも、震えながら、爪紫色にしながら食べていたのに!!
早く数値知りたいなぁ・・・
ちなみにスタート時、ヘモグロビン7.5、フェリチン4でした。

あ、あと、ずーっと気になっていた、おへその上に心臓があるかのようにバクバクしているのは大丈夫なのか? ってことも訊いてみました。
痩せているから動脈が触れるだけだそうです。
ほんとかな・・・?( ̄~ ̄;)

2013年10月18日 (金)

約5ヶ月ぶりに・・・

点滴受けてきました~ε=( ̄。 ̄;)フゥ
別のところ(内科・消化器科クリニック)にて。
先に採血したら、ヘモグロビン7.6。
以前が7.5だったのでほぼ変わっていませんでした。
7台は相当身体に負担がかかっている、とのことで、週一の点滴決定。
さっきHPでざっと計算したら50回以上必要になるんですけど!?
まさかね・・・(-"-;)
お財布も大変なことになっちゃいますし・・・。
で、前の病院では一時間かかった点滴、今回は20分でした。
色もすごく濃くて量も少なかった。
薄めなくて平気・・・なんだろうけど、ちょっと不安。でも時間が短いのは楽で助かる。
頑張って真面目に通おうと思います。
あ、今回のおばさま看護師さんは優しい人でした(*^^*)

2013年8月 6日 (火)

あれから1年・・・(追記あり)

あっという間でした。
結局詳しいこと何も書けませんでした(; ̄ー ̄A
暑さが去る頃、また東京の病院まで行かなきゃいけないのだけど、別にイイところが見つかればそっちに行きたいなぁとも考えていたり・・・。(先生は、地元の検診でもいいと言っていましたし。絶対要精密検査になるけどね!! と言われましたが(; ̄ー ̄A)
でも、去年のデータがある分、同じ病院の方がいいのかなぁ・・・?
迷う理由は、ひとつひとつは小さなことなのだけど・・・。
第一の理由⇒最近とある不祥事でニュースに。大学病院は、研究機関&教育機関であって、患者はデータに過ぎないのかな・・・と思ってしまった。
第二の理由⇒最低でもニ回行かないといけない。一回目は検査の予約のための受診。クリニックによっては一回で済むところもあるようなので。しかも、予約診療でも3~4時間待たされる・・・。
第三の理由⇒実は先生の軽さがずっと気になっている(^-^;
最後のが一番の理由かも。
確かに私、問診表の「告知を希望しますか?」に「はい」と答えたけれども。
「多分小葉ガン」ってさらっと言われた後、「一緒に結果を聞きたいキーパーソンはいますか?」とかって聞かれたのです。
母しか思い浮かばなかったけれど、きっと私以上にショックを受けてしまうだろうなぁ・・・とか考えて、ちょっと黙っていたら、「もう●●(歳)だから一人で大丈夫か!!」ってすごい軽い口調で言われたの~( ̄◇ ̄;)エッ
それって歳の問題!?
「あなたはガンです」って言われて平気な年齢なんてある!?
しかも、先生よりだいぶ年下なんですけど私・・・。
先生は平気なのかしら?
平気じゃなかったら怒っちゃうよ・・・。
そんな先生だから、万が一の時も、配慮は期待できないよなぁ・・・と。
私、超打たれ弱いので(先生には強そうに見えたのかしら・・・)、そんな風にあっけらかんと言われると傷つきます・・・。
でも病院を替えて、もっと嫌な先生に当たってしまう可能性もあるわけで・・・。
嫌なところには目を瞑るべきなのかも・・・?
あと、別のところにしたら、検診扱いになって保険きかないのかな? という心配もあったり。
四谷ほにゃららとかすごく気になっているのだけど・・・。

【追記】
結果を聞きに行った時、「ハズレた~。ハズシてしまった~」って言われたことも思い出しました( ̄▽ ̄;)
クイズじゃないんだからねぇ・・・。
ちなみに、初っ端から苗字にちゃん付け、名前にちゃん付けでした。
やっぱりちょっと軽いよねぇ・・・?
嫌な先生というのとは違うのだけど・・・。
そこが悩むところなんだなぁ・・・(´ヘ`;)

話はちょっと変わりますが、某CMで「♪油断できちゃう~」っていうのあるじゃないですか。
あれで、試験管が出てきますけど、あれが8時間分なの!? と見る度に驚いている私です・・・。
あれ、30分分くらいの量じゃない?
やっぱり私の量は異常??
酷い貧血も当然ってこと???
やっぱりちゃんと治療しなきゃいけないのかなぁ・・・暑くなってますますしんどいしなぁ・・・ちょっと動いただけで走った後みたいにハァハァしまくってます・・・(-"-;)

2013年6月 5日 (水)

遺伝するの?

伯母&叔母計3人に筋腫持ちがいました。
正確には、“持っていた”ですが。
2人はどうやら筋腫のみの摘出らしいのですが(再発するっていうけどその辺りは不明)、1人は35歳の時に子宮ごと摘出したらしい。
詳しい話は知らないけれど(又聞きなので)、卵巣も取ってしまったので、その後何十年も体調不良に苦しんだようです。
筋腫、甘く見ていたけど案外厄介なやつなのかも・・・(-"-;)

ちなみに乳腺腫瘍と原因は同じとか?
今や両胸に無数のしこりがある気がします・・・しかも痛い!!
これこそ乳腺症なのか??
乳がんが見落とされたら怖いなぁ・・・。

2013年5月29日 (水)

また不安な日々が始まるのか・・・

今日は超音波検査だけのはずだったのに、あれやこれやいろんな検査をする羽目に。
しかもまた血液三本採られた・・・そして数値も悪化してた・・・。

Hb(ヘモグロビン濃度) 7.5 (正常値11.3~15.2)
Ht(ヘマトクリット値) 26.8 (正常値33.4~44.9)
Fe(鉄) 10 (正常値51~139)

すぐに治療した方がいいレベル・・・ということで、人生初の点滴。(増血剤)
一時間、暇で暇で・・・ちょうどお昼時で電気消えて誰もいなくなるし・・・ほんのりカップラーメン臭&ズルズルすする音聞こえてくるし(笑)。

原因は確定ではないけれど、かなりでっかい子宮筋腫が見つかりました。
胃潰瘍の可能性もあるとのことで、人生初の胃カメラ予定・・・(T.T)

子宮筋腫ならいいやー・・・と思って帰ってきたのですが。
ネットで調べていたらすごく怖くなった・・・。
肉腫だったらどうしよう・・・。
ガンより悪性なんだって・・・。

とりあえず、点滴もあと数回やらなきゃいけないし、婦人科を受診せねばなりません(T.T)